小学生が英語に違和感を覚えない準備と環境を親が教材で整える

親自身が持つ英語コンプレックスをプラスに活用できる英語教材

小さなお子さんをお持ちの保護者の方で、子供が小学生になって英語の授業を受け、そこで英語につまづかないで欲しいと願う方は非常に多くなっています。

 

その理由は、保護者自身が英語につまづいた経験を持っている、英語コンプレックスを持っているからです。

 

 

親が持つ英語コンプレックスをプラスに活用する

英語に違和感を覚えない準備

英語に違和感を
覚えない準備

小学校の英語の授業で、英語学習に付いて行けず、落ちこぼれにならないように、英語コンプレックスを感じないよう、さらに社会に出た時も、英語で不自由しないように、英語で活躍が出来るように、そう親として感じるのは当然でしょうし、前向きな親の姿勢としても、管理人は評価します。

 

多くの親御さんは、自分自身が英語で苦労をした、または英語が話せないという、ある種のコンプレックスを持ってみえるのが現実です。

 

そういう子供に対する心遣いも重要であれば、実は親御さんの英語コンプレックス自体も、子供への英語教育には大切なものなのです。

 

親が、英語にコンプレックスを持っていることは、むしろ良いことだと管理人は考えています。

 

その理由はコンプレックスは、それを解消したい、子供には、それを持たせたくないという、前向きな姿勢、考え方の原動力となるからです。

 

英語は耳と目で身に付ける

子供に小さい頃から英語に慣れさせる、親しみを持たせる、英語に対する違和感を無くす、こう考えて幼児のうちから英語教材を家庭に取り入れる、幼児英語教育セット教材を子供に与える、この考え方に当サイト管理人は大賛成です。

 

ご紹介のように、当サイト管理人は英語ができます。

 

私自身は、大人になってから独学で英語を身に付けました。

 

しかし、独学といっても、数種類の英語教材を使い、それらを徹底的に使いこなしました。

 

重要で、日本語には無い言い回しなどは、全て暗記しました。

 

その経験から言えることは、英語・英会話は、やはり「耳」から、そして「目」から入るべき、というものです。

 

その面で、幼児用の英語教育セット教材はお勧めです。

 

親自身が持つ英語コンプレックスを活かす、それはイコール、子供が幼いうちから優れた英語教材を与えて、耳と目で英語に慣れさせて、小学校に入ってからも決して英語に違和感を覚えない準備と環境を整えておくことです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク