小学生で英語のハードルを下げるには英語環境を作ることが大切

子供が英語に慣れ親しむ英語環境を普段の生活に取り入れる

当サイト管理人の経験からも言えることですが、英語に限らず言語の学習、習得は「耳」、そして「目」からです。

 

英語という言語が、普段の日常で聞くことが出来ない日本国内では、幼児・子供の耳に英語が入ってくるよう、英語環境での動作が目に入るような環境を作り上げてやる必要があります。

 

 

英語のハードルを下げるのは英語に対する慣れ

ハードルを下げる英語環境

ハードルを下げる
英語環境

大人でも、ある日突然に英語しか通用しない環境に置かれたら戸惑うのは当然です。

 

英語しか使えないというハードルは、とてつもなく高く感じるでしょう。

 

逆にいえば、いつもの日常生活で英語が聞こえる環境があれば、幼い子供が英語に違和感を感じない、自分の通常の生活の一部として英語を認識してしまえば、その後の英語学習に対するハードルが下がるのは当然のことでしょう。

 

英語というハードルを下げるのは、どれだけ英語環境の中で生きてきたか、と言えます。

 

子供の生活に英語環境を取り入れる

小学校で必ず勉強をしないとならない英語、その時点で、英語に対してハードルが高いと感じてしまうか、それとも慣れ親しんだ英語を、ハードルが低い、またはハードルなんて無いと感じるか、その差は大きいと私は考えます。

 

日本語だけの環境の中で育ち、日本語だけの会話で何一つ不自由しない、また英語でのコミュニケーションの楽しさを全く知らない、経験していない、日本とは違う異文化に対しても何も知らない、そういう環境、状況で育っていれば、いきなり小学生になって英語に出くわしたら、英語に対してハードルが高いと感じるのも当然でしょう。

 

幼児の頃から日常生活に英語環境を取り入れる、子供の「耳」と「目」を幼児用の教材で英語に慣れさせる、英語に抵抗を無くす、異文化の楽しさを覚えさせれば、小学校の授業で英語に出会っても、そのハードルが高いと感じることが無くなる可能性が高くなるでしょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク