英語につまづいた親御さんの家庭では意識して英語環境を作る

親の私が英語を身に付けている我家は英語環境が整っていた

本サイトの管理人は、英語・英会話を習得し身に付けて仕事に、そしてプライベートにも活用しています。

 

社会に出て仕事で英語が役に立つこと、人材として付加価値を上げてくれることは、今更説明をする必要はないでしょう。

 

 

仕事でもプライベートでも役に立つ英語

意識して英語環境を

意識して英語環境を

実際、私は会社で海外営業を行っていますが、仕事を通じて、ますます英語のスキルは向上しています。

 

また転職、再就職に於いても英語が出来る、英語が話せることは非常に有利で、英語は資格として有益なものとなっています。

 

海外営業ということで、世界のいたるところに外国人の友人、知人がいます。

 

自分の世界が英語で広くなっています。

 

英語は、もちろんプライベートな面でも役に立っていて、家内と海外旅行に出かけても、異国の地で言葉で問題となったことはありません。

 

空港でも、ホテルでも、ショッピングでも、観光地でも、英語をフルに活用して、海外旅行を存分に楽しんでいます。

 

それぞれの家庭の英語環境

敢えて英語を身に付けることの価値、そして英語自体の価値をご説明しましたが、この記事を読んでみえる方ならば、それらは充分にご存知でしょうし、だからこそ大切な我子に英語を身に付けさせたい、将来、英語で苦労をさえたくない、増してや小学生のうちから英語コンプレックスを持たせたくない、とお考えでしょう。

 

私の場合は、親である私が英語を話したので、その面では我家の2人の子供には、もともと英語環境が整っていたといえます。

 

自宅に英語を話す外国人を招いたこともあり、いわゆる外国人に対するアレルギーも無く、英語でのコミュニケーション成長し、今では私よりも英語が堪能になってくれました。

 

我家のような親が英語を話す家庭であれば、それほどに英語環境を導入することに苦労はないでしょう。

 

しかし、そうではない場合、親御さんが英語につまづいた経験をお持ちの家庭では、意識して英語環境を作るべきです。

 

そんな英語環境を作ることが出来るのが、幼児向け英語教材といえるでしょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク