小学校の英語授業でアレルギーを感じ英語嫌いとならないために

小学生を英語嫌いにしない環境作りツールの英語教材がお勧め

英語アレルギーがある、コンプレックスを持っている、英語が苦手、嫌いという大人に共通していること、英語が出来ない話せないという人の大多数に共通していること、それは「学校の授業で、最初に英語につまずいた。」というものです。

 

もしかしたら、これを読んでみえる子供を持つ親御さんにも、経験があるかも知れません。

 

 

学校の英語の授業でつまづく

小学校で英語嫌いとならない

小学校で英語
嫌いとならない

学校で初めて英語の授業を受けて、今まで経験の無い英語に接して戸惑いを感じる…

 

しかしテストがあるので、気が進まないまま英語を勉強する… しかし成績は良くない… ますます英語が嫌いになる… 苦手科目となる…

 

私の周囲で英語にアレルギーを持つ人、英語嫌いな人は、おおよそこのような経緯、経験を持つ人ばかりです。

 

また悪い事に、英語が出来なくても英語が話せなくても、日本では日常生活に支障は無い、そういう逃げ道を考えてしまうものです。

 

確かに日本国内だけで生活するなら、海外との取引などしない会社で仕事をするならば、英語は実生活では不要でしょう。

 

しかし反面、英語の必要性、また英語が出来ることが広げてくれる可能性をも認識してみえる方も多く、その証拠が、お勧めしている英語教材を子供に与えて、自分と同じ轍を踏まない、英語アレルギーを持たせない、将来、英語が自由に使える人になって欲しい、そう考えてみえる方が多いことに私は賛同します。

 

子供が夢中になった英語の歌や映像

私も自分の子供2人には、簡単な言い回し、また楽しい英語の歌、覚えやすい歌などの英語プログラムを、子供が幼児の頃から繰り返し見せました。

 

子供は喜んで、それらの映像や歌に夢中になり暗記しました

 

もちろん学校の英語の授業でアレルギーなど感じず、つまずくことも無く英語好きで育ってくれました。

 

私の経験からも、幼児期の英語教材は小学生で英語にアレルギーを感じさせない、英語嫌いとならないための環境作りのツールとして非常にお勧めです。

 

しかし、いくら優秀な英語の教材でも教材だけでは、教材を買い与えるだけでは、英語が出来る子供には決してなりません。

 

それが幼児・子供に対する英語教育に於ける、最も重要なポイントです。

 

英語教材よりも大切なモノを次ページでお伝えします。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク