英語教材を活用し親子で一緒に英語に慣れ親しむ姿勢と取り組み

英語教材による英語環境を親子で共に日常的に楽しく親しむ

英語環境を作るツールの幼児向け英語教材よりも重要なモノ、それは親の姿勢です。

 

また、子供に対する親の接し方です。

 

 

親子で共に英語に慣れ親しむ

親子共に英語に親しむ

親子共に
英語に親しむ

このカテゴリーで先にも書きましたが、自分が英語嫌いになってしまったから、自分が英語が全くダメだから、英語が出来ないから、そんな経験を子供にはさせたくない、子供には英語をマスターして欲しい、そういう親の気持ちは非常に大切です。

 

親が持つ英語コンプレックスをプラスに活用することが重要です。

 

しかし特に幼児期の子供の教育、育児には、親が一緒ということが最も重要なファクターとなります。

 

もちろん、例えば英語の歌を流しっぱなしにしておく、映像を子供の好きなように見せておく、それで英語環境としてはOKです。

 

しかし親が子供と一緒に英語の歌を唄ったり、時には画像に合わせて子供と一緒に踊ったりなど、親子で楽しみながら共に英語に触れる、それも毎日、日常的に英語に触れること、親の姿勢と取り組み方が大切です。

 

主人公は教材ではなくお子さんと親御さんです

大袈裟に言えば、そういう親子共々で英語に触れるための補助として英語教材を使うと考えて下さい。

 

幼児の英語教育の主人公は、英語教材では決してありません。

 

主人公は、お子さんであり、親御さんです。

 

どうか、そこを間違えないで、英語教材を子供に与えて終わりとならないようにして下さい。

 

英語、英語と、そればかりを考えず、子供と一緒に遊ぶ、楽しむ、同じ英語を聞く、同じ映像を見る、そして親子の絆を、もっと強く楽しいものにするものと考えて、ちょうど玩具のように、英語教材をツールとして使うというスタンスでいると良いでしょう。

 

必ず子供は、それらのスキンシップを通じて、親のことが、もっと好きになり、そして英語も好きになります。

 

我家のように。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク