小学生の英語学習で大切なのは日常的に楽しく英語に接すること

子供の英語学習のキーワードは日常的に楽しくで強制や焦りは禁物

子供の勉強や学校の成績など、学習面を含んだ親が抱える育児全般の悩みの中に、我子の成長の進度が遅いのではないかと感じて悩んでしまうケースが多いとされています。

 

子を持つ親であれば、大多数の人が一度は経験する悩みでしょう。

 

 

学習スピードの違いも子供の個性

日常的に楽しく英語に接する

日常的に楽しく
英語に接する

しかし人間、一人一人、さまざまな面で違いがあり、成長のスピードも、やはりさまざまです。

 

学習の進度、そして英語に慣れ親しむ、英語を習得する進度も、当然、個人差はあります。

 

さらに英語の歌に興味を持つ子供もいれば、視覚的な踊りなどが好きになる子供もいます。

 

親としては、そういう子供の個性を大切にしましょう。

 

せっかく英語教材を与えて、英語に慣れさせようと思ったが、なかなかと親しまない、ちっとも英語の単語を口にしない、これでは幼児向けの英語教材が無駄になるのでは、そう感じる時もあるかも知れません。

 

しかし成長には個人差もありますし、明日、ブレイクするかも知れません、1週間後、突然、英単語を話すかも知れません。

 

大切なキーワドは日常的に楽しく英語を

英語教材の映像を再生して見ている子供に対し、「もっと真剣に見なさい!」などと強制などするのは、もっての外です。

 

逆効果で、却って英語嫌いとなってしまう危険性さえあります。

 

学びのスピードが遅いのではないか、などとと焦らず、いつも子供に笑顔を見せて、いつも子供と一緒に英語を楽しむようにして下さい。

 

英語は、自転車と同じです。

 

一度、そのスキルを身に付けたら、それを忘れることはありません、スキルを失うことはありません。

 

英語も、一度身に付けたら、英語を忘れることはありまえん、英語・英会話のスキルを失うこともありません。

 

繰り返しますが大切なことは、日常的に楽しく英語に慣れる、ということです。

 

這えば立て、立てば歩めの親心は誰しも同じです。

 

しかし勉強の強制、また焦りは禁物です。

 

子供のこれからの人生、成長を長い目で見守る、その一歩であると考えるようにして下さい。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク