大人より優れ純粋な耳を持つ子供は英語をスムーズに習得する

英語に限らず言語は目で覚えるよりも耳で覚え習得される

貴方は日本語を、本など「見る文字」で覚えましたか?

 

それとも、まだ幼い頃の貴方に愛情を持って話かけてくれた親の「話し言葉」で覚えましたか?

 

 

言語は耳から純粋に

優れた純粋な耳を持つ子供

優れた純粋な
耳を持つ子供

ほぼ100%の人が、「話し言葉」で日本語を覚え、そして今、何不自由なく日本語を使っています。

 

日本語は言語です。

 

英語も言語です。

 

違いといえば、日本語は、ほぼ日本で、また日本人にしか通用しない言語ですが、英語は全く違い、世界のあらゆるところで通用します。

 

しかしどちらも言語、その習得は「目」ではなく「耳」です。

 

英語という言語を考えるとき、意外と見落としなのが、このポイントです。

 

つまり、「言語は耳から」なのです。

 

大人と比べて遥かに感度の良い耳を持つ子供に幼い時期からネイティブな英語を聞かせる意味、価値が、ここにあるのです。

 

子供の優れた学習能力

大人になって新しいことを学ぼうとしても、子供のように学べない、記憶できない…

 

それは医学的にも当然のことで、その理由は大人は既に色々なことを学習し終えているからです。

 

例えば「花」を見る大人と子供。

 

子供は純粋に花を見て、観察して、色や形、香りなどを経験します。

 

それに対して大人は、子供と同じように花を鑑賞しながらも、また同時に、「花の値段」、「いつまで咲いているか」、「我家のどこに飾ると良いか」などなど、子供に比べて、余計なことまで考えます。

 

これが大人と子供の学習の決定的な違いなのです。

 

子供は言語を、英語を純粋に、そのまま、しかもすぐに受け入れることが出来るのです。

 

子供が本来持っている優れた純粋な学ぶ力に、幼児用として専用に開発された英語教材はうってつけです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク