子供が英語を習得したという実感がなくとも無駄と思わない

幼児期に英語に触れさせることは決してマイナスにはならない

英語教材を使い子供に、英語に慣れ親しまさせようと考え教材を購入し、日々、英語に触れさせているが、あまり効果が無いような気がする…

 

ちっとも英語を口にしない…

 

そう感じる親御さんに、英語の絶対的な評価についてお伝えします。

 

 

それぞれの英語学習効果

決してマイナスにはならない

決してマイナスに
はならない

幼児用の英語教材で、どれだけ子供が英語を身に付けるか、それは子供それぞれで違うことでしょう。

 

ある子はいきなり簡単な英語を話すでしょうし、ある子はいつまで経っても映像を見ているだけ、曲を聴いているだけ、というケースもあるでしょう。

 

個人差は、あって当然です。

 

しかし幼児期に英語に触れさせることは、決してマイナスには成り得ないということを覚えておいて下さい。

 

たとえ学習の進度が遅いと感じても、決して無駄などと感じないことが子供の英語学習では大切なことです。

 

社会では比較ではなく絶対評価となる

さらに入学した小学校での英語のテストで、期待した結果が得られても、得られなくても、それはあくまでも他の生徒との比較の評価であることも覚えておいて下さい。

 

子供が学校に通う期間は、学校で行われるテストの結果で、生徒の能力の優劣が判断されます。

 

これはこれで子供にも親にも、精神的な負担となるものですが、しかし一旦学校を卒業し、社会に出たならば、その人の評価は絶対値で成されます。

 

無論、ある程度の比較はされるでしょうが、学校でのテスト結果のような他の人と比較しての評価ではありません。

 

幼児の時に受けた英語の体験、そして学校で習得した英語、それは必ず社会での絶対的な英語能力の評価となります。

 

もし社会で比較されるならば、英語に違和感、拒否感を覚え、英語の学習を拒否し、社会に出ても一言も英語を話さない人、英語の読み書きが全く出来ない人との比較に於いて、必ず高い評価を受けることとなるでしょう。

 

また次ページで引き続き、子供の英語学習の注意点をお伝えします。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク