子供の英語に対する優越感が学問に対する純粋な向学心となる

英語で優越感を持った子供はさら勉強しようとし向学心を得る

小学校で英語の授業を受ける前に英語に触れておき、一歩先を歩いておくメリットには、英語という教科に対するアドバンテージ以外にも、もう1つ大きな効果があります。

 

それは優越感が得られるという効果です。

 

 

褒められ認められさらに英語を学ぶ子供

優越感が向学心となる

優越感が向学心となる

大人でも同じですが、誰でも良い成果が得られ褒められる、認められると嬉しいものです。

 

特に子供の場合、褒めて能力を伸ばすのが良いのは周知の事実です。

 

褒められると、更により頑張ろうと前向きな姿勢になります。

 

「好きこそものの上手なれ」とも言いますが、そういう良い意味での優越感は人を更なる向上へと導きます

 

英語の学習でも全く同じです。

 

しかし逆もまた真なり、成果が得られず褒められもせず、いつも叱責を受けていればイヤになってしまうのも人間。

 

こうして出来るモノと出来ないモノの差は、ドンドンと開いてしまうのです。

 

やはりこれも英語でも同じことが言えます。

 

英語が得意教科な小学生はますます英語が好きになり、逆に苦手な生徒はますます嫌いになります。

 

いつか、その差は取り返しのつかない差となってしまいます。

 

優越感が純粋な向学心のキッカケに

小学校の英語の授業で、いつも優越感を感じることが出来れば、さらに英語が好きに成り、さらに英語で優秀な成績をおさめることができるように、子供は頑張ります。

 

それは何もテストの成績を良くしたい、先生や親から褒められたい、同級生から尊敬されたいという気持ちだけではありません。

 

英語という学問に対して純粋な向学心を持つからです。

 

予習で一歩先を学ぶ、そして優越感を感じる、周囲から褒められる、それらの子供にとってプラスとなる要因が、純粋な向学心のキッカケとなるのです。

 

さらに予習には素晴らしい学習効果があります。

 

次ページでご説明します。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク