英語が好きになり秀でた小学生は他の教科の勉強も頑張るように

英語という教科で秀でると全教科への勉強姿勢に良い影響を与える

英語が好きとなった小学生は、授業でもテストでも成績優秀となり、優越感を覚え向学心を持った子供は、他の教科でも頑張ろうと考えます。

 

さらに勉強の頑張り方を、自ら習得します

 

 

英語という1つの教科が全教科に与える影響

他教科の勉強も頑張る

他教科の勉強も頑張る

英語で優越感を覚えた子供、勉強の方法を自ら習得した子供は、他の教科でも、どのように勉強すべきか、考えることとなります。

 

つまり、英語で一歩先に進んでいるということは、他の教科の学習にも良い影響を与えるのです。

 

英語と同じように一歩先の勉強を心がけ常に予習し、また学校の授業で復習をすれば、さすがに成績は安定する、または向上するでしょう。

 

またこのような学習姿勢というものが小学生で身に付けば、その後中学や高校に入学しても、子供の自主的な勉強につながります。

 

さらに社会に出てからも学問に対する向学心を有する人は、それを持たない人と差が出るのは当然です。

 

社会では、求められる結果に自分らしさを加えたプラスアルファーの結果を出す人材が高い評価を受けますが、そういう自主的な姿勢は、全て学校での学習態度に直結しています。

 

一生使える有利な英語という能力

英語で先んじるという価値、意義は、社会人になってからも成果をもたらしてくれるのです。

 

厳しい競争社会で、いつも優位に、そして有利な立場で生きていく術を、英語という教科に自信を持ち、自分で進んで机に向かうという姿勢、経験で得ることが出来るといっても良いでしょう。

 

それには先ず最初の一歩に、決して英語につまずかないこと、これが重要なこととなってくるのです。

 

私が、お勧めする幼児・子供用英語教材を使い、そして使いこなして、どうか子供に英語習慣を付けてあげて下さい

 

小学校で英語を習い始めたら、子供に英語での優越感を持たせ、さらに勉強に自ら進むような学習習慣を身に付けさせましょう。

 

必ず英語への抵抗感が無くなり、英語好きとなることでしょう。

 

子供の将来を真剣に考えて今出来ること、今すべきことを育児の1つの課題として、親としてベストを尽くしてあげて下さい。

 

まさに、「後悔先に立たず」です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク