英語が得意教科な小学生となるには予習をして第一歩に臨む

予習をして小学校の英語授業の第一歩に臨めば英語好きな小学生に

子供が小学校に入り英語にアレルギーを持たず、英語が好きな小学生となる方法は言葉を換えれば、学校の英語の授業が嫌いにならない方法と言えるかもしれません。

 

また大人にとっては、英語にアレルギーを持たない方法、もしくは街で外国人に話しかけられても逃げない自分に成る方法と換言出来るかも知れません。

 

 

英語に対する最初の一歩だけに注意をする

予習で英語が得意教科に

予習で英語が
得意教科に

英語が好きになるには、最初の一歩だけを注意すれば良いと私は考えます。

 

その一歩とは、決して英語に抵抗感を持たない、英語が難しいと感じないことに尽きます。

 

しかしながら慣れないモノ、馴染みのないモノ、また当面は必要が無いと感じるモノに、人はなかなかと熱心には成れません。

 

だからこそ私は、「鉄は熱いうちに打て」と考えます。

 

予習で一歩先を行く有利さは生涯続く

たった1つの英語学習に対する最初の注意、それはズバリ「予習」です。

 

子供が小学校に入り、必ず英語を授業で学ぶ必要があるならば、いつか子供の目の前に英語というモノが現れるならば、その時に、何の抵抗も感じず、むしろ嬉しく英語の授業と対面するためには、予習で事前に英語に慣れさせる、面白さを教える、楽しさを経験させる、つまり予習で一歩先を子供に歩かせることが、子供が英語好きになる秘訣であると考えます。

 

実際に私が予習で英語好きになりました。

 

そして我家の子供2人も、同様に予習で英語が堪能になりました。

 

子供を英語好きな小学生にするための最も有効な方法は、子供が英語の授業を受ける際、英語に何の抵抗も感じない予習をしておくことです。

 

これは英語という教科に限らず、学習、勉強の全てにおいて言えることだと考えます。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク