英語を字幕にし音声を日本語にして子供に英語を触れさせる

英語を字幕にし映像で子供に英語に触れさせるという目的で

英語の映画・TV番組・アニメは小学生や幼児の英語学習の活用にお勧めですが、英語の映画を見て勉強する場合、多くの方が、「音声を英語にして日本語を字幕」にして鑑賞することを考えます。

 

つまり海外で放映される、そのままの状態で映画を見る、英語のセリフを聞く、そして字幕を日本語にする、そういう条件で英語を勉強すると考えられるようです。

 

 

字幕を英語にして鑑賞するする

英語字幕で音声を日本語に

英語字幕で
音声を日本語に

英語が出来る人、もしくはある程度英会話の出来る人ならば、この方法で良いでしょうし、それなりの英語の勉強にもなるでしょう。

 

しかし当サイトの管理人は、小学生や幼児、また英語勉強の初心者には全く逆の方法をお勧めします。

 

映画で英語を学習する場合のお勧め方法は、字幕を英語に設定する、です。

 

つまり英語を目で見ることとなります。

 

映画を英語で鑑賞していて、英語字幕のスピードに戸惑うこともあると思いますが、耳で、いい加減に聞き流していた英語が、ちゃんと活字で出てきますので、英語を目で正確に把握出来ます

 

目でおおまかに英語を見る

この場合、字幕に出てくる英語を完璧に読む、または完全に理解する必要など全くありません。

 

また英語学習の初心者には、まだそれは無理でもあると思いますし、小学生や幼児に出来るはずもありません。

 

単に、耳で聞こえる日本語の内容、しかも一度見て、おおよそのストーリーが分かっている場面のセリフが、英語ではどのように言われているのか、どういう単語が使われているのか、それをチェックするというレベルでOKです。

 

特に子供に対しては、英語に触れるという感覚だけでOKです。

 

むしろ英語で何を言っているのかサッパリ分からない、だから英語って難しいと子供が感じてしまうのを避けることが出来ます。

 

きっと今までに知らなかった言い回しも、単語も、色々と出てきます。

 

この場合も、もちろん、内容も英語自体も比較的簡単な、子供向けアニメでも勿論OKです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク