日常生活に英単語を取り入れ英語を意識し置き換える習慣を

簡単な英単語を生活に取り入れ英語に置き換えることを習慣に

小学生を含む幼児に対する家庭での英語学習でお勧めは、子供と一緒に日中を暮らす人も、またそうではない人も、日々の生活において英語を意識して暮らすというモノがあります。

 

英語、英単語を親が意識して日常生活を送るということです。

 

 

簡単な英語を日常に取り入れる

英語を意識し置き換え習慣を

英語を意識し
置き換え習慣を

例えば食事をするときも、それは朝食ではなく「breakfast」、水を飲むときも「water」、本を読むときも「book」、白い色は「white」などなど、日々の暮らしの中で行うこと、目にするもの、それらをなくべく多く英語で意識するようにしましょう。

 

そして子供と一緒の時ならば、それを口にしてみましょう。

 

「喉が渇いたから、 juice か、milk か、または water でも飲みましょうか!?」

 

「今日の lunch には、何が食べたいかな?」

 

などなど、子供に話しかけてみれば、子供も、そしてそれらの英語を口にする親も、少しづつでも英語を覚えますし、英語を口にする習慣が出来て、さらにまた毎日の生活の中で英語でものを考えることが出来るようになります。

 

英語を意識し英語に置き換えることを習慣に

いきなり難しい、難易度の高い、上級者の英語・英会話を身に付けるのは困難でも、まず英単語からならば、そして自分が知っている英語の単語ならば、口にすることは簡単です。

 

大切で、そして効果的なのは、英語を常に意識すること、そして英語に置き換えて考えることを習慣にすることです。

 

これも英語環境の1つです。

 

この習慣が身に付くと、その次の段階では、日本語を英語に換えることもなく直接に英語で考えることが出来るようになります。

 

いわゆる英語脳が出来上がるのですが、そのためには先ず、さまざまな身の回りのことを英語で考える、英語にして口にする習慣を身に付けましょう。

 

その習慣は、親が実行すれば、自然と子供も行うものですので、親子で英語を楽しむことが出来ますので、お勧めです。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク