子供の英語への好奇心のサインと知識欲が家庭の英語学習のコツ

子供が出す英語への好奇心のサインを大切にし知識欲を満たしてあげる

こちらのカテゴリーでご紹介した英語の映像、そして日常生活に英語を取り入れるという、家庭での英語学習方法ですが、いずれも大切なのは子供の好奇心です。

 

 

英語への好奇心のサインを見逃さない

好奇心のサインと知識欲

好奇心の
サインと知識欲

小学生などの幼児の場合、好奇心から学ぶことの喜び、自分の知識が増える喜びを体験します。

 

ですから親としては、子供が示す好奇心を見逃さない、大切にする心掛けが必要であると考えます。

 

子供と一緒に英語のアニメを観ていれば、必ず子供が目を輝かせる瞬間があります。

 

親が子供と一緒に食事をしていて、「コレは英語で fish と言うのよ!」と教えてあげれば、必ず「じゃあ、コレは英語で何て言うの?」と聞いてきます。

 

これらが、子供が英語に好奇心を抱いたサインです。

 

そのサインを大切にして、子供が英語好きになる環境を作ってあげましょう。

 

勉強して賢くなることが楽しくなる

さらに人間には好奇心とともに、知識欲というモノがあります。

 

昨日知らなかったことが今日は分かるようになる喜び、それは学習すること、勉強することに対する純粋な喜びとなります。

 

幼児や子供は、いつか小学校に入り、そこでさまざまな学科、教科を学ぶこととなりますが、その際に、「英語が分かる」、「英語が出来る」、「英語が得意」という強みを持っていると、そうでないとでは、とても大きな差が出来てしまいます。

 

子供と一緒に英語の映像を観ていて、子供が好奇心のサインを発したら、そのシーンを英語を音声にしたり字幕にしたり、何度も繰り返し鑑賞するのも良いでしょう。

 

「コレは英語で何て言うの?」と聞いてきたら、簡単な英語を教えてあげましょう。

 

子供の好奇心と知識欲の2つを満たしてあげることが家庭での英語教育のコツといえるでしょう。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク