英語の予習を入学前にしていたため学校の英語授業は復習に

勉強の要の予習と復習の繰り返しが自然に出来て良い成績を維持

私は既に学校の英語の授業で習う事、単語、文法などを、とっくに知っている、従兄弟より習っているので授業が楽しく、しかもその英語の授業は私にとっては復習でしかありませんでした。

 

ここで注意して頂きたいのは、どんな教科、勉強にもいえる、予習と復習の関係です。

 

 

勉強の要である予習と復習

学校の英語授業は復習

学校の英語
授業は復習

勉強で最も効率が良くて、しかも実績が上がる勉強方法は予習と復習の繰り返しであることは周知の事実です。

 

私の場合、英語において予習と復習を確実に行っていたことが、私の英語好き、英語習得の要であったと考えています。

 

そして、この英語の予習と復習で、より英語を覚えることが出来る、英語が身に付くことで、向学心を持ち、より勉強に励むという好循環もありました。

 

しかし、そのような予習が自ら出来ない、出来ていない生徒、同級生は、かなり初めて接する英語に戸惑っていたようです。

 

無理もありません。

 

殆どの生徒は、もしかしたら生まれて初めて英語を発音するのですから…

 

そのような状況を避ける、つまり既に英語に慣れ親しんでいる状態に子供をしてあげる、それが管理人が子供用英語教材をお勧めする、学校で英語の授業を受ける前に英語環境を作ることをお勧めする理由です。

 

英語のテストが待ちどおしくなる

一般的に子供は褒めて育てる良い、と言いますが、それは学校の勉強でも同じ、英語でも同じです。

 

繰り返しますが、当サイト管理人の私は、学校で学ぶ英語を既に従兄弟から教わり、その後も予習と復習を繰り返し、学内でも英語については常にトップクラスの成績でした。

 

英語の教師も、英語が出来る生徒として何かと可愛がってくれますし、同級生からも英語の成績が良いと尊敬もされます。

 

そのような状況で、私はますます英語という教科も、英語という言語も、また英語文化も好きになりました。

 

好循環と相乗効果の両方で、英語が好きで、英語の授業が楽しくて、英語のテストが待ちきれないほどとなりました。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク