小学生の英語学習 - 日本の教育の問題点と意義

日本の英語教育の問題点と意義

以前から日本の学校で教える英語は実社会では通用しない、使えない英語であると指摘されています。学校の英語が実用的ではない背景、子供が英語嫌いになる理由と予防法、学校で学ぶ英語を習得する価値や意義など、私の考えをお伝えします。

日本の英語教育の問題点と意義 記事一覧

日本の学校の英語授業は大学受験合格のための学習となっている


日本の学校では英語を他の教科と同様に扱うことから、テストで良い点を取ることが評価の対象となり、英語をコミュニケーションの道具として身に付けることではなく、大学受験合格のための学習となっていることは事実と言えるでしょう。

≫続きを読む

 

英語が入試の手段となり英語が好きと嫌いの生徒に二極化する


英語を含めて全ての学問、教科は、それを学ぶ楽しさや意義を感じなければ真の意味での習得は出来ません。英語が文化としてではなく入試のための手段として取り扱われることもあり、英語好きな生徒、英語嫌いの生徒の二極化が発生します。

≫続きを読む

 

社会が求める英語能力の価値は不変なので自ら学習対策を講じる


日本の学校の英語教育、学習指導に問題があるとしても、日本社会が要求する英語能力の価値に変わりはありません。英語が出来る出来ないは人生そのものを左右するほどの重要事項です。現状を受け入れ自ら対策を講じる必要があると考えます。

≫続きを読む

 

子供が英語嫌いになるのを防ぐ英語環境と親の積極的な英語学習


子供が英語嫌いになるのを防ぐには家庭の中に英語環境を作ることが大切で、それは大人にも効果があります。さらに子供に英語アレルギーを持たせないために、子供にとって最も身近な存在である親自らの積極的な英語学習をお勧めします。

≫続きを読む

 

親として英語を再学習する際は中学2年生の教科書を教材に


日本の学校で教える英語は実社会で通用しないということが良く言われますが、全ての学校英語が使えない訳ではありません。子供が英語嫌いになるのを防ぐために、親として英語を再学習する際は中学2年生の教科書が教材としてお勧めです。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
七田式英語教材 7+BILINGUAL 英会話スクール ペッピーキッズクラブ オンライン英会話 KidsStarEnglish

学びネット powered by TrendLead