日本の学校の英語授業は大学受験合格のための学習となっている

日本の学校の英語はコミュニケーションツールではなく受験のため

かなてより日本の学校で行われている英語学習指導は、現実で使えない英語を勉強させているといっても過言ではないと指摘されています。

 

当サイト管理人の私は、その意見に賛成でもあり、また同時に反対でもあります。

 

 

便利で楽しい英語というツールが教科となっている弊害

受験合格のための学習

受験合格の
ための学習

確かに一部の学校を除いて、英語を子供に教えている英語の教師が、どれだけ実践の英語、英会話を身に付けているか、はなはだ疑問です。

 

学校の英語教師が実際に外国人と英語で会話した経験があるのか、外国で日常生活を経験したことがあるのか、非常に疑問です。

 

英語という学科は、学生が学校で学習すべき国語、社会、算数と同じ横並びの対象となっています。

 

英語を、世界の多くの国で通用するコミュニケーションのツールとして身に付けるということよりも、試験、テストで点数を多く取るための学科でとして扱う、最終的に大学入試の際の合否判定の材料となることから、学校での英語というスキル取得目的は、あくまでも大学の合格にあり、英語そのものを身に付けるということではないといえるでしょう。

 

絶望感さえ感じる日本の学校の英語授業

日本の学校では英語の文法を教え、単語、熟語を暗記させ、その習得度を生徒全員に同じテストでチェックします。

 

テストの点数だけで生徒の学習の出来栄えを判断、評価して英語を習得できない者はそのまま放置されているのが現実です。

 

英単語の小さなスペルミスや、文法上の間違いで、テストの点数を下げ、それで英語能力、言語能力を判断している現状の日本の学校の英語教育に、私は大袈裟にいえば絶望感さえ抱いています。

 

こんな日本の受験のための英語学習では、学校の英語の授業では、英語を好きになれ、英語に興味を持てという方が無理だ…そう素直に感じます。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク