社会が求める英語能力の価値は不変なので自ら学習対策を講じる

英語が出来る出来ないは人生そのものを左右するほどの重要事項

教育は国家100年の計、今後も、さまざまな有識者の意見を取り入れ、日本の学校での英語教育は改善されるべきあると私は考えます。

 

 

現状を受け入れ自ら対策を講じる

求められる英語能力は不変

求められる英語
能力は不変

しかしながら、このような現状の日本の英語学習、英語指導の体制、問題点を一朝一夕に解決、改善することが困難であることも厳然たる事実です。

 

残念ながら我々は、この現状を受け入れ、そこでどうするべきか、子供の英語習得に何をすれば良いのか、自分達で考えて対策を講じる必要があると、管理人は考えます。

 

また同時に私は、日本の英語教育を全てを否定するものでもありません。

 

学校で学ぶ、教えてくれる英語、その文法に関する知識、英単語、熟語、その他の英語に関する要素の全てが英語を身に付けることに欠かせないことであることも事実です。

 

人生そのものを左右する英語

井の中の蛙という言葉を知らない親は居ないでしょう。

 

これからの社会では、ますます国際化という事態は加速していきます。

 

そんな情勢の中で、英語が嫌いであるとか、英語は苦手、ましてや英語で挫折したなどという言い訳など通用しない社会となっていくことでしょう。

 

会社に就職する、管理職になる、昇進する際、英語が出来る出来ないが判定基準になることは、先ず間違いはなく、既に大手企業では社内の会話、通信を英語で実践しています。

 

またこのような実社会でのメリット以外でも、英語圏の文化に触れること、また海外旅行に出かけても言葉で不自由することも無く、生活、人生の幅というものが大きく広がります。

 

子供の英語の勉強という面では、英語という壁、ハードルが下がれば、学校での成績はもちろん、英語という科目での進学の選択に制限がなくなります。

 

逆にいえば、もしも英語嫌いな子供となってしまうと、英語という受験科目が足かせとなり、望む学校に進学できない、またそもそも英語嫌いとなってしまうと、学校自体、勉強全般に拒否反応を示し、最悪の場合、いわゆる落ちこぼれとなってしまう可能性もあります。

 

そんな事態にならないためには、どうしたら良いのか、どういう対策を講じればよいのか、それで悩む親が多いのが現実です。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク