親として英語を再学習する際は中学2年生の教科書を教材に

親が英語を再学習する際は中学2年生の英語の教科書がお勧め

よく、「日本の学校で教える英語は、実社会では通用しない。」と言われますが、私は、この言葉に100%賛同はしません。

 

決して、学校英語は通用しないとは考えていません。

 

 

学校英語が全て実用的ではないということはない

中学2年生の教科書を教材に

中学2年生の
教科書を教材に

学校で学ぶ英語は実用的ではない、というセリフ…

 

ある面で事実ですが、しかし全ての面で使えない英語ということもありません

 

これは英語に挫折してしまった人、英語学習を諦めた人、そもそも最初から努力しなかった人の言い訳に使われる場合が多いと、当サイト管理人の私は受け止めています。

 

学校で習う英語は、ちゃんと実社会で通用します、使える英語です

 

確かに学校の教科書に書かれていない、近年の英語の言い回しなどは、沢山あります。

 

最初の挨拶にしても、学校の英語の授業では、

 

「How do yo do?」

 

と教えられますが、近年、そんな英語を使う人は稀で、もっぱら

 

「Nice to meet you!」です。

 

中学2年生の英語の教科書がお勧め

英語に限らず言語は生き物ですから、その時代を反映し、変化を続けます。

 

しかし日本の学校で習う英語が全て使えない、ということでは決してありません。

 

現実の話として、私がが英語を学ぼう、英会話を身につけようとしている人から、

 

「どうやって英語を勉強すれば良いでしょうか?」

 

と相談を受ける時、決まって答えるのが、

 

中学2年生の英語の教科書を、もう一度、じっくり勉強してみて下さい。」です。

 

私の経験より、断言します。

 

日本の学校の英語の授業で習う英語、これも立派に間違いなく現実の英語社会で、文章を英語で書く場合でも、英会話で話す時も使えます。

 

学校の英語も立派な有益な英語です。

 

子供を英語嫌いにさせないために親として英語を再学習するならば、中学2年生の英語の教科書、及び同レベルの教材を活用することをお勧めします。

 

親も子供と一緒に英語を学ぶというスタンスを続ければ、必ずや子供の英語学習に大いにプラスになることは間違いはなく、しかも親自身にも英語が身に付くという一挙両得を目指すことを強くお勧めします。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク