英語アレルギーを持つ人は英語を受け付けず徹底的に排除する

今後の日本社会で英語が堪能な人は劇的には増えないと予測

これからの日本社会で、英語を自由に使える人は増えるのでしょうか、それとも今の状況のように、依然と英語を苦手とする日本人が多いままの社会となるのでしょうか…?

 

当サイト管理人の私は、もしかしたら、今の状況とあまり変わらないのではないか、つまり英語堪能な人の増加は望めないのではないか、と考えています。

 

 

徹底的に英語を拒否する日本人

英語アレルギーと徹底的な排除

英語アレルギーと
徹底的な排除

ご案内のように私は英語が出来ます。

 

英語を使い仕事をしています。

 

そして英語が話せない、話そうとしない、また英語を学ぼうとしない人を、イヤというほど見ています。

 

そういう英語が出来ない人を多く見るにつれ、彼等、彼女等の共通点を見出すのが英語に対するアレルギーです。

 

例えば学校で習う教科の算数・数学。

 

学校で算数や数学が苦手だったという人でも、電卓を使い計算をします。

 

国語が苦手だったという人でも、本は読みます。

 

地理が嫌いだった人でも、地図を見ます。

 

しかし英語という教科に限っては、英語が嫌いという人、英語が苦手という人は、英単語1つさえ読まない、見ない人が殆どです。

 

英語が出来るということの有利さは当分変わらない

英語で書かれた書類を、まるでバイ菌を触るかのように手にすることさえ拒否します。

 

そのような日本の社会での英語に対する状況が、劇的に変化するとは私は、とても思えません。

 

今後の日本の社会と英語を考える場合、日本の英語教育全般を考える、考察する必要がありますが、いずれにしても私は、当分は日本社会での英語の意義、存在、価値などは変わらないと予測しています。

 

それはつまり、英語が出来る人間の価値、存在意義も、あまり大きく変わらないということとなります。

 

今後も英語をマスターしている人材は付加価値が高いまま推移すると思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク