小学校から英語授業を受けても社会の英語堪能者の価値は不変

日本で英語が必須と考えるのは少数派なので堪能者の価値は変わらない

小学生から学校での英語の授業がスタートしますが、その効果として近い未来、日本人の誰もが英語を話す日はやってくるでしょうか…?

 

または今よりも多くの日本人が、自由に英語を使いこなせるようになるでしょうか…?

 

 

英語を社会で使うことを考えた場合

社会での英語堪能者の価値

社会での英語
堪能者の価値

私は、それらの考えにも前ページの「英語アレルギーを持つ人は英語を受け付けず徹底的に排除する」同様、やはり否定的です。

 

学校で学ぶ教科の中でも、実社会に出た時、会社に就職した時、必ず必要となる学科、例えば算数・数学、国語、社会については、誰もが有る程度の学習をし、教科として身に付けるものです。

 

しかし英語・物理などは社会に出た時に、本当に必要不可欠であるかどうか、それは業種、職種に依りけりとなります。

 

簡単に言えば、英語や物理に関して、何の知識がなくとも生きていける、また出来る仕事は山ほどある、なのでどうしても本気で学ぶ気持ちにならない、というのが現状でしょうし、また私は、その動向、傾向は将来も大きく変わらないと思っています。

 

日本で英語が必須と考えるのは少数派

このサイトの記事を読んで頂いている方で、子供が英語を話さなくても良い、英語嫌いになっても良い、学校の英語の成績など関係無い、そう考えてみえる方は居ないと思います。

 

子供には英語で苦労をして欲しくないと考える方が大多数でしょう。

 

しかし現実として親である自分を含めて、どれだけの人が「これからの日本の社会でも英語は必須だ。」と考えているでしょうか?

 

私は、そのような方は、むしろ少数であると思っています。

 

だからこそ私はとしてはチャンスであると考えます。

 

今後も、日本社会におけるイングリッシュ・スピーカーの存在価値は変わらないと思っています。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク