学校で英語の負け組となった人は社会に出ても依然と負け組に

英語の負け組は解消努力をしないの英語を身に付けた人に価値がある

当サイト管理人の私が嫌いな言葉で、「勝ち組」と「負け組み」というものがありますが、現実の世界では英語に於いても、この勝ち組と負け組みが厳然と存在していることは事実です。

 

しかも英語の負け組みは、学生の頃から負け組みであり、社会人になってからも英語の負け組みであり続けるケースが殆どです。

 

 

ローマ字書きさえしない英語アレルギーの社会人

学校で英語負け組となると

学校で英語
負け組となると

中には学習に対して向上心のある人が、社会人になってから英会話教室に通うケースもありますが、それでも学生からしっかりと英語を学んでおくことに越したことはありません。

 

当サイト管理人の私の実際の経験ですが、英語の宛名書きを何度も頼まれた経験があります。

 

物品を発送するために英語で宛名を書くのですが、それは英語というよりも、むしろローマ字です。

 

しかし英語に拒絶感を持つ人は、それさえも自分で書こうとしない。

 

しかも50歳代、60歳代の高齢な人ならまだしも、20歳代、30歳代で英語の宛名書きを私に依頼する…

 

だからこそ価値のあるイングリッシュスピーカー

観点を換えれば、英語が出来る、英語が堪能という事は、それは肩書きであり、能力として社会で認められ、英語の宛名書きでさえ仕事となりうるのです。

 

このことに気が付いている人は、かならず英語の社会での地位を理解されることでしょう。

 

そして有効な対策、手段を考えられるでしょう。

 

お勧めの幼児向け英語教材で子供に幼い頃から英語教育を施すこと、これは非常に有効で賢明なことであると思います。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク