実際の英会話では英語の小さなミスなど全く問題にはならない

楽しく価値のあるツールの英語を子供と共に楽しむことからスタート

学科として学校で学ぶ英語の場合、また英語のテストで良い点数を取らなくてはならない場合、英語のスペルを間違えてしまえば点数はもらえません。

 

文法の間違い、前置詞のミス、現在形、過去形などなど、英語のルールもテストでは問われます。

 

 

学校の英語と社会での英語の違い

英会話で小さなミスは問題なし

英会話で小さな
ミスは問題なし

しかし英語を使いこなす管理人の私に言わせれば、それらは現実の英語の世界、英会話の世界では枝葉末節なこと、取るに足らないことです。

 

アメリカ人でもイギリス人でも平気でスペルミスをしますし、「彼」の事を「彼女」などと頻繁に言い間違いをします。

 

英語という文化の前では、そんな仔細なことなどは、さほど関係ないのです。

 

言語とは、英語とは話すか話さないか、それだけのことなのです。

 

英語は世界で最も楽しくて価値のあるツール

コミュニケーションを取るか、取りたいのか、それともその逆なのか、それが問われるのです。

 

英語によるコミュニケーションの楽しさ、素晴らしさ、面白さを体感したら、英語という学業にも自ずと力は入ります

 

もっと英語に対して達者になりたい、そういう向上心が生まれてきます。

 

管理人の私が強くお勧めしたいのは、まさにこのポイントなのです。

 

子供に英語をマスターさせたいならば、子供と一緒に英語を楽しむことからスタートしてみよう、と。

 

楽しさを経験し、もっと英語を深く学ぶ、その結果として学校での英語の成績も上がるという次第です。

 

そのために、幼児の頃から英語に親しむ英語教材の活用をお勧めします。

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク