今後の日本の社会と英語

今後の日本の社会と英語 記事一覧

英語アレルギーを持つ人は英語を受け付けず徹底的に排除する

これからの日本社会で、英語を自由に使える人は増えるのでしょうか、それとも今の状況のように、依然と英語を苦手とする日本人が多いままの社会となるのでしょうか…?当サイト管理人の私は、もしかしたら、今の状況とあまり変わらないのではないか、つまり英語堪能な人の増加は望めないのではないか、と考えています。徹底的に英語を拒否する日本人英語アレルギーと徹底的な排除ご案内のように私は英語が出来ます。英語を使い仕事...

続きを読む
小学校から英語授業を受けても社会の英語堪能者の価値は不変

小学生から学校での英語の授業がスタートしますが、その効果として近い未来、日本人の誰もが英語を話す日はやってくるでしょうか…?または今よりも多くの日本人が、自由に英語を使いこなせるようになるでしょうか…?英語を社会で使うことを考えた場合社会での英語堪能者の価値私は、それらの考えにも前ページの「英語アレルギーを持つ人は英語を受け付けず徹底的に排除する」同様、やはり否定的です。学校で学ぶ教科の中でも、実...

続きを読む
学校で英語の負け組となった人は社会に出ても依然と負け組に

当サイト管理人の私が嫌いな言葉で、「勝ち組」と「負け組み」というものがありますが、現実の世界では英語に於いても、この勝ち組と負け組みが厳然と存在していることは事実です。しかも英語の負け組みは、学生の頃から負け組みであり、社会人になってからも英語の負け組みであり続けるケースが殆どです。ローマ字書きさえしない英語アレルギーの社会人学校で英語負け組となると中には学習に対して向上心のある人が、社会人になっ...

続きを読む
実際の英会話では英語の小さなミスなど全く問題にはならない

学科として学校で学ぶ英語の場合、また英語のテストで良い点数を取らなくてはならない場合、英語のスペルを間違えてしまえば点数はもらえません。文法の間違い、前置詞のミス、現在形、過去形などなど、英語のルールもテストでは問われます。学校の英語と社会での英語の違い英会話で小さなミスは問題なししかし英語を使いこなす管理人の私に言わせれば、それらは現実の英語の世界、英会話の世界では枝葉末節なこと、取るに足らない...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク